海洋堂シマントミュージアムビレッジ
海洋堂シマントミュージアムビレッジ

【企画展】海洋堂宮脇センムの蔵出し!プラモ道100回記念とプラモ60周年大展示会

いつ:
2018年11月3日 – 2019年2月11日 全日
2018-11-03T00:00:00+09:00
2019-02-12T00:00:00+09:00

◎展示会情報

期間:2018年11月3日(土)~2019年2月11日(月)
場所:海洋堂ホビー館四万十 企画展示室

あらゆるモケイの酸いも甘いもかみ分けるモケイマスター、宮脇センムが世の中にモケイの持つ可能性と面白さを伝えるべく、2010年にフィギュア専門雑誌「フィギュア王」にて始めた連載企画が「海洋堂 宮脇センムの蔵出し!プラモ道」です。その連載100回を記念して、これまでに掲載された陸・海・空その他のモケイから、見たことも聞いたこともないような貴重な名作・珍品モケイまで、ありとあらゆるジャンルのセンムコレクションを大展示します。さらに、第58回全日本模型ホビーショーにて展示された海洋堂協力の「国産プラモデル誕生60周年記念展示」もあわせて展示し、プラモデルの歴史を紹介します。

slide

ura_03

senmu
宮脇 修一(センム)
[みやわき しゅういち]
1957年生まれ。造型集団「海洋堂」の代表取締役だが愛称は「センム」。モケイや玩具をこよなく愛し、ありとあらゆるジャンルのプラモデルを収集しているプラモコレクターにしてプロモデラー。収集プラモの埋蔵量は世界一(かも?)。

 

協力/フィギュア王編集部