海洋堂かっぱ館

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

NEWS

カッパ絵巻 その7

『壺・鬼とカッパの酒宴』

鬼とカッパが楽しそうに酒盛りしています。

高知の人はお酒が好きな方が多い…というか、お酒の飲み方が恐ろしいです。
グラスを置きません、置かせません。

鬼とカッパ、種族は違えど一緒にお酒を飲めば仲良くなれる、人間も一緒でしょうか!?

2012/11/26 | カッパ絵巻

海洋堂フィギュアの世界展 最終話

守口市現代南画美術館を出発して、次の目的地はこちら!

館長、常務がお出迎えしてくださいました。

来賓の方々は館長室で館長とご歓談。
スタッフは3階の休憩室で、この旅の本来の目的である“研修”ということで来年へ向けてのお話…のはずが、

まさかのBOMEさん登場!

BOMEさんと言えば美少女フィギュア
美少女フィギュアと言えばBOMEさん

という事で、美少女フィギュアのお話や展示のアドバイスなどなどいただきました。

これぞ“オタク道”という感じで、なるほどなぁ〜と納得しきり。

その後、工房や量産場も見学させていただきました。
貴重な休憩中にお邪魔したにも関わらずみなさんとっても優しい!
立ち上がって会釈をしていただいたり、気さくに話してくださったりと感動しっぱなし。

海洋堂フィギュアの世界展や海洋堂本社での衝撃の余韻に浸りながら、バスに揺らり揺られ高知へ帰還いたしました。

今回の研修に参加していただいた方々、海洋堂本社の方々、海洋堂フィギュアの世界展の展示をされた龍遊館の方々、すべての方々へ、

ありがとうございました。

2012/11/25 | 日々の出来事

海洋堂フィギュアの世界展 第2話

一行は、80-90’原型師ゾーンに後ろ髪を引かれながらも2階の展示場へ移動。

2階はおなじみ「食玩」ゾーン

画像が悪くてわかりにくいですが、段ボールでできた棚に食玩がずら〜っと並んでいます。

これでもか!というほど大量の食玩ゾーンを抜けるとまたまた原型師ゾーンへ。

こちらはBOME氏と松村しのぶ氏、2人の原型師にスポットを当てられていました。

ここで時間切れ!

もっとじっくり見たいー…あのフィギュア欲しいー…と叫びながら、一行は守口市現代南画美術館を後にしました。

第3話もある?

2012/11/24 | 日々の出来事

海洋堂フィギュアの世界展 第1話

先日、かっぱ館、ホビー館のスタッフと地元の方々と一緒に弾丸日帰りツアーを敢行しました。

目的地は、大阪府守口市にある守口現代南画美術館で開催されている『海洋堂フィギュアの世界展』!

ド派手なホビーバスに道行く人が振り返っていました。

ぞろぞろぞろぞろ…

最初のゾーンは「海洋堂の歴史 初期のガレージキット」

研修と言いつつ、貴重なフィギュアの数々に大興奮の一行〜

次のゾーンは「80-90’原型師」

研修と言いつつも、貴重なフィギュア群に大興奮の一向…
これ欲しい〜!と言いながらシャッターを押しまくり。
滞在時間1時間を予定していましたが、全然時間が足りない!
駆け足で2階の展示場へ向かいます。

第2話へ続く…?

2012/11/23 | 日々の出来事

カッパ絵巻 その6

『虫・花・虫とり子どもカッパ』

いままでの絵とは少し感じが変わって、かわいい子どもカッパたちが虫とりをして遊んでいる姿が描かれています。

かっぱ館は自然の中にあることもあって、いろんな虫がやってきます。
春から夏にかけては、たくさんのアオスジアゲハが飛んでいました。

スタッフもかっぱ館内に入ってくる虫を追いかけて、虫捕り網を振り回していました。
…が、こんなに愛らしい姿ではなかったことでしょう。

2012/11/19 | カッパ絵巻

カッパ絵巻 その5

『筏・宇宙へ』

宇宙へ“行く”のか“帰る”のか…
カッパの生態は未だ謎に包まれたままです。

筏の先頭ではタイ●ニックばりの男女の姿…?

2012/11/18 | カッパ絵巻

カッパ絵巻 その4

『太陽』というタイトルで描かれた作品。

記憶にも新しい、今年5月21日に起こった世紀の天体ショー「金環日食」をテーマにされているようです。

昔は、龍が太陽を喰うことで日蝕が起こると言われたとか言われなかったとか…

ここのカッパたちは日食グラスを片手に楽しんでいますが、急に太陽が消えてしまえば恐怖を覚えるのも当然かもしれませんね。

2012/11/17 | カッパ絵巻

ホビー館の工房から

かっぱ館からさらに2キロほど奥に進んだところにホビー館はあります。

ホビー館に入って左手、受付の反対側にあるガレージキット工房では、大人気のジオラマ教室などが行われています。
が!今日は何やら怪しげな物体を操るスタッフが…

実はこれ、ホビー館で言うところのケンシロウのように、かっぱ館でお客様をお出迎えするウェルカムカッパ。になる予定。

作業工程でいうとFRP(ガラス繊維強化プラスチック)でコーティングの段階でしょうか。
何とも言えない樹脂の香りのする中、作業は進んでいました。
完成がたのしみです。

2012/11/16 | 日々の出来事

カッパ絵巻 その3

『瓦礫と一本松』

その2『鯰捕り』の続編となる絵です。

かっぱスタッフは、今年4月に研修として被災地へ足を運び、あの一本松も目にしました。

2012/11/15 | カッパ絵巻

カッパ絵巻 その2

今回ご紹介するのは『鯰捕り』です。

鯰絵は安政の大地震の後、身を守る護符として、または不安を取り除くためのまじないとして庶民の間に広まったものだそうです。

この鯰絵は東日本大震災を背景に描かれました。
銛を手に、大鯰に立ち向かって行くカッパの勇ましい姿が印象的です。

2012/11/14 | カッパ絵巻