館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎龍神
2017年06月09日

170609

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

龍神は、四万十に棲むという守護神であります。河童たちは、龍神によって守護されてきました。

この秋、かっぱの砦を中心にして、龍神の山車を巡行させることになりました。

河童と龍は、共に水に棲む伝説的な妖怪です。

河童たちが龍神を崇めるのは、天へと飛翔する限りない神通力を内包しているからといわれています。

河童と龍神がいつ頃打井川に棲みついたのかは、村人たちも知らず、ながい間交りもなかったのです。

そこでこれからは秋になると、かっぱの砦の祭りとして、龍神にお出まし願うことにしました。最近、消滅集落の噂さが絶えず、それらを少しでもなくなるように、龍神の山車を多くの人々に曳いて頂き、祈願することにしたのです。

龍神の山車は、多くの人々の熱い思いを結集して、世にも珍しい山車が造られることになりました。

天高く昇る龍神は、地上を俯瞰して、消滅集落に新しい生命のエネルギーを吹き込むのです。

龍神の山車を曳きながら、人間として何ができるのかを探りたいと考えていますので、多くの人々の参加を期待しています。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿