館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎ブログ休載のお知らせ
2017年06月12日

170612_1

170612_2

170612_3

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

いつもブログに目を通して下さりありがとうございます。さて、これから当分の間、ブログを休載することにいたしました。

それは、これから「四万十・かっぱの砦」という物語を創ることになりましたので、そちらにエネルギーを集中させようと思っているからです。

「四万十・かっぱの砦」は、2009年から全国の人々に呼び掛けて始まりました「四万十川カッパ造形大賞」の応募作品を4回つづけて届けられた河童作品が中心です。

それらの河童作品1700点余りを展示・演出するために造ったのがかっぱ館であり、2号館であり、茅葺き古民家であります。

その「かっぱの砦」づくりに参加して下さった佐藤さん、宗崎さん、高橋さんなどには、初めからお力添え下さいました。チェンソー作家の山本さん、そして大勢の土佐の職人さんたちの熱い思いで創り上げて頂いたものです。

「四万十・かっぱの砦」には、その他にも数えきれないほどの人々が参加・協力して下さっています。そこで物語を創るというよりは、記録のようなものを残しておかなければ・・・と思うようになったのです。

わたしとしては、この四万十の大自然の中に、自然にふさわしい河童を収めるにふさわしい建物群をつくって下さった大勢の人々を登場させた物語が創れたらと意欲的であります。

かっぱの砦は、これからかっぱランドへと発展していく、壮大なドラマでもあります。沢山の人々が、まるで子供のような気持ちで参加して下さったのです。その熱い思いを、多くの人々に伝えなければと思っています。

わたしたちは、「四万十・かっぱの砦」をつくって、それで満足している訳ではありません。好奇心をなくしつつある子供たちのあそび場、そして合宿場などというように、次々に増やしつづけようと話し合い、夢を描いているのです。

山奥の大自然の中にあるかっぱの砦は、訪れた人たちが喜んで下さいます。そのように楽しんで頂けることで、スタッフのやる気も夢もふくらみます。それがかっぱランドへの夢となって進化、充実させる勢いともなるのです。

一つ一つの河童作品を観て頂いたり、四万十の杉の木で造った柱を掌で触れることで、親しみを感じて頂けます。また茅葺き古民家の縁側に腰掛けて、四万十の木々の緑を眺めていますと、時の経つのも忘れるでしょう。

古民家には、囲炉裏もあります。また岩国の絵師上田えい子さんが描いた珍しい襖絵もあります。すべてが素朴でありますが、皆熱い思いが込められているのです。

四万十のへんぴな山の奥に、なぜかっぱの砦を造ったのか?当の本人のわたしさえ分らないのです。しかし、今になって言えることは、かっぱの砦には日本人の原点と申しますか、里山の風情があるように思います。

この大自然のもつすばらしさを、より多くの人々に伝えたいという思いから、「四万十・かっぱの砦」の物語を創ることを考えたのです。

物語を創り終えたら、またブログをお届けできるかは?わたしにも分かりません。わたしもこの5月で89歳になりました。この命がいつ?逝くのか?保証の限りではありません。

生きている間に「四万十・かっぱの砦」の物語を創らなければと意欲を燃やしています。

昨夜、打井川でホタルの乱舞を観ました。

ブログを突如休載することのご報告まで。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿