館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎かっぱ砦の物語
2018年07月30日

180730_1

180730_2

180730_3

180730_4

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

作品No.204(第二回)
『深海河童「青空を捨て・・・
漆黒の海へ」』川尻宜聖

ブログに「四万十川カッパ造形大賞」の第一回目の応募作品をコピーして貼ってあります。それぞれの作品をコピーしているうちに、わたしは大きな忘れモノをしていることに気づきました。

気づくまでに、この一週間ほど毎日真剣に考えていました。それは「かっぱ砦の物語」を創ることではなかったのか?今は呑気にブログなど書いていてよいのか?ということであります。

かっぱ砦の物語は、3年ほどまえから準備して、資料もすでに箱いっぱい蒐めているのです。気が向かない・・・といって歳を取るだけであります。

「四万十川カッパ造形大賞」に応募して下さった1700人余りの人々の思い入れと共に創ろう!またかっぱ館や2号館、茅葺き古民家を移築して下さった多くの職人さんたちの熱い思いなど、何もかも入れて、面白い大人の読み物を創らなければならないのです。

そのためにわたしは、体調の復活を待って取り掛りたい!と考えていました。しかし、時間は容赦なく経ち、このままではだらだらと時間のみ経ってしまいそうな気がして参ります。

「いまやらねば いつできる わしがやらねば たれがやる」のたのたしていると、平櫛田中先生のことばが蘇って参ります。そうです、今やらねば誰がやる!であります。ようやく踏ん切りがつきました。体調を戻しながら、皆さんと共にかっぱ砦の物語を創らなくてはならないのです。

「THE KAPPA」つまり「四万十川カッパ造形大賞」に目を通していると、大きな忘れものに気付きました。それは「かっぱの砦の物語」を創るということでした。

「四万十川カッパ造形大賞」2010年の総評の中に、審査委員長の牧野圭一先生の言葉がありました。

「宮脇館長は、応募されたお一人お一人に魅力的な物語がある」と選考会場でため息をし、「これは時間が掛っても、その物語は自分のペンで表現したい」というくだりがあります。それには赤線が入れてあります。それを忘れていた訳ではないのに、それから8年、まだわたしは創りかけてはいないのです。

わたしは大いに反省しました。「いまやらねば たれがやる」であります。多くの人々に関って頂いて、かっぱの砦も完成しつつあるのに、約束を果せんでどうするんや!命を賭けてやらんかいな!でけんほど歳とったんかいな?

先般の卒寿のパーティにも「いまやらねば いつできる わしがやらねば たれがやる」という看板を舞台に掲げました。何のために掲げたんや?ここらでしゃんとして、やる気を起こさな残り少のうなったんやで・・・。

ここで冒頭に掲げた『深海河童「青空を捨て・・・漆黒の海へ」』という館長賞の特異な応募作品を見て頂きましょう。

地球温暖化で水没する島国もあるという昨今、人類は真剣に海底生活を考えておかなくてはならなくなります。それは顎にエラを付けた海底生活のできるような人間が、そう遠くない将来に出現するのでは?と考えていた時、それが「四万十川カッパ造形大賞」の応募作の中に現れて驚きました。

制作された川尻宜聖さんは、次のようにコメントされています。

「かって古きよき時代に青空の下「人と共に生きた河童であった」川の水は汚れ、人の心はすさみ、徐々にその姿を隠しながら、やがて人の前から姿を隠し・・・実は河童たちは生きるために青空を捨てた・・・エラを復活させ、深海へ棲む場所を選んだのだった。かって頭部の皿は、深海の魚たちのように光ることで仲間と交信するようだ・・・だがその大きく見開いた瞳は何だか悲しそうに漆黒の闇に光る」

それに館長であるわたしの短評が添えられています。

「河童を深海に適応させるという発想に、まず驚きました。SF映画のワンシーンを思い描くほどでした。J・ヴェルヌの「海底二万マイル」や、最近の「深海のイール」(フランク・シェッツィング著)を連想させるほどでした。河童を深海に適応させる想像力もあり、河童に新しい棲み場所を提供したのも見事です。「青空を捨て・・・漆黒の海へ」ここから新しい河童物語が始るでしょう。」

第二回の総評の中で、審査委員長の牧野圭一先生は、総評のお終いの方で、宮脇館長は「応募されたお一人お一人に魅力的な物語がある」と選考会場でため息をし「これは時間が掛っても、その物語を自分のペンで表現したい」と決意を述べられました。

そしてそこには赤線が引いてあります。わたしも忘れていた訳ではないのですが、やろう、やろう!と思っていたら8年が経ち、わたしも90歳になりました。

わたしの寿命も残り少くなりましたので、これからは「かっぱ砦の物語」に集中したいと考えています。その間ブログもお休みにするつもりでしたが、三紀さんの助言もあり、気が向いた時に綴りたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿