館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎「旭屋心禄」というお休み処
2019年02月06日

190206_1

190206_2

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

「旭屋心禄」という一見古風なお休み処を、2月8日にオープンさせるというので、わたしは一生懸命色紙に祝字を書いた。

その一風変ったお店は、和歌山の龍神村にあり、旅館名の旭屋をそのまま使い、心禄とは愛犬の名まえだといいます。

先般招かれたわたしは、その龍神村でお話をいたしました。その会場の最前列にいた女性が、わたしの話を最も熱心に聞いて下さったのが、「旭屋心禄」という変った店舗をオープンさせるMさんです。

彼女は、その後家族と共に、四万十のかっぱ館などを見学して下さり、その好奇心と行動力には圧倒されました。二カ月足らずの間に文通も四回交換しました。

2月8日のオープンには、わたしの方もワンダーフェスティバルという年2回行う創りの祭典が10日にあるので、参加できません。そこで下手な祝字を書いて贈ることにしました。

一瞬ともいうべき出会いではありますが、お互いに惹かれ合うものあれば、百回会うよりも大切というのが、わたしの心情です。

温泉地の龍神村にあって、その賑いの一助になれば、「旭屋心禄」も共に繁栄することを、心より念じています。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿