館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎国会のテレビ中継を観る
2019年02月07日

190207

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

どのように与野党が紛糾している時でも、テレビなど観ることはありません。コーヒーを喫みながら、何の気なしにスイッチを押しました。

画面には予算委員会の質疑応答があり、自民党の小泉進次郎議員が、歯切れのよい質問をしていました。彼なら面白いだろうと思い、スイッチを切らずにいました。

基本的な質問を浴びせながら、ハナシは後部のヒナ段に座っている大臣たちに向けられ、応える必要のないのに、7時間も座っているのは、時間の無駄ではなかろうか?というものでした。

20人余りの大臣のほとんどは、居眠りしたりしている連中ばかりです。勢揃いすることで、内閣の威信を示しているのでしょうが、それを不要と言ってのけるのです。その痛快な質問には総理もダァであります。その小気味よい論調は見事に思えました。

厚生労働省の不手際に対する野党の追求の最中に、胸のすくような、大臣不要論は面白く観せて頂きました。

国会だけではなく、日本全体が頭を吊れての謝罪姿が、毎日どこかのテレビで行われています。申し訳ありません。と謝るうえからは、心がなくてはならないでしょう。

謝罪すればすむ!という考えが、政治屋から官僚、そして民間の社長たちにまで広がっています。笑ったり、怒ったりすることをなくした人たちは、どうすればよいのでしょう?


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿