館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎瀧の子さん
2019年03月12日

190312

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

中華料理店の「瀧の子」さんとは、すでに10年ほどの付き合いとなります。

ということは、わたしが四万十へ通いはじめてからの馴染の客ということになるでしょう。

以来ママさんご夫婦とは、まるで家族のような付き合いです。食べた料金も取って下さらないので、わたしも変ったフィギュアなどを、おみやげに運びます。

ママさんと性格が合うのか?話が弾んで長居をしたりするので困ります。ママさんは、田舎では珍しく美術好きで、絵などのコレクションも多く、その好奇心には驚かされます。

この度は、昨年末からご不沙汰しているので、ママさんはお元気だろうか?という不安がありました。しかし、お店に入りますとすぐにお顔を出して下さったのでほっと、安堵いたしました。

食事を終えてからお話を交えていますと、1月いっぱい入院されていたというので、そのお顔を見ますと、肉がついていないので大変な病気をされていたのだなァ~と思いました。

入院されていても、何も知らずに、お見舞い状すら出していない不義理を申し訳なく、これからはたえずお便りを差し上げねばと、心に言い聞かせていました。それでも、家内や三紀ちゃんとお話を交えているうちに、だんだんとママさんらしい声となり、ゼスチャーも大きくなっていきました。これからは、しっかりお手紙を・・・と思いました。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿