館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎いまやらねば いつできる
2019年04月12日

190412_1

190412_2

190412_3

0%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e7%89%88%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89

「いまやらねば いつできる わしがやらねば たれがやる」は、木調家平櫛田中先生の100歳の時の書であります。

わたしは60歳の頃から、座右の銘として、ことあるごとに引用させて頂いて参りました。

昨日、紀州の龍神村へゆき、多くの人々とお話を交え、そうだこの言葉を言い忘れていたと思い、これから出す手紙の中に入れて・・・と思いました。

「今やらねば いつできる・・・」という言葉の持つ迫力は、これから先も変ることはないでしょう。

どなたであっても、何かをやろう!と考えた時には、この言葉の持つ迫力が必要であろうと感じます。

これまでわたしは、木調家平櫛田中先生の書を観て、すっかりその書のとりこになり、パーティなどでは舞台の上段に掲げます。わたしの心意気以上に、多くの人々の心に響くようです。

これまでわたしは、これ以上の言葉に出会えません。おそらくこれからも、この勢いある言葉を使わせて頂くことでしょう。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿