館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎今年最初のハイカラ釣り
2019年04月18日

190418

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

昨年の秋から、ながらく行けなかったと申しますか、餌のエビも出回り始めたそうでようやくハイカラ釣りが始まります。

ハイカラ釣りは、以前にも説明させて頂きましたけれど、なかなか味のある、古典的な釣法であります。おそらくこのような原始的な釣り方は、全国的にみても珍しい釣り方でしょう。

ハイカラ釣りの主な狙いは、キビレというチヌが対象であります。わたしは、チヌよりも外道といわれる大型のサカナを狙いますので、釣り本来の繊細さや、豪快さも味わえます。

わたしが、これまで釣ったサカナの中には、マダイや、ヒラメ、コショウダイ、ギンガメアジといった大物があります。

とくにマダイは、浦戸湾という外海ではなく、細長い湾の中を、80センチ超の大物が遊泳していると思うだけで心が躍ります。

浦戸湾の記録は、78センチというマダイですから、わたしの釣り上げた65センチはまだまだそれに及びません。それで今年は80センチを越えるマダイを狙っています。

今年は大物を釣り上げましたら、ブログに載せますので、どうぞ当てにせずお待ち下さい。91歳という老人になりましても、ハイカラ釣りのできますのは、友人たちが誘って下さるからです。その友情のためにも、記録的なマダイを釣り上げようと念じています。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿