館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

日々日

館長

◎大学生たちがかっぱの砦に
2019年05月27日

190527

190527_2

190527_3

190527_4

6561af917fabcc69ed57216b9fe47de51

9日の日曜日に、四万十川の山奥にあるかっぱの砦に、高知大学の学生たちが15人ほど集ってくれたようです。

かっぱ館の館長であるわたしとしては、学生たちが来てくれる!というだけで駆けつけなければならないのに、日程を調節できずにゆけず申し訳なく思っています。

それでも高知大学の今城さんや、四万十町役場の中井さんたちが、学生たちと共にということで、安心してお任せいたしました。

かっぱの砦は、わたしの生きた証を残すために、最初にかっぱ館をつくり、つづいて2号館、茅葺き古民家を移築させて、四万十らしい建物たちが並んでいます。

とくに石積みを施した石垣や、四万十の赤土で塗り上げた見上げるような土壁や、カワラや銅板などで葺いた屋根など、職人さんたちの手技のあとを見ることができる貴重な建物です。

左右に流れる谷川に大学生たちは、子供のあそび場をつくろうと計画しているのです。どのようにすれば子供たちが楽しくあそんでくれるか?と雨の中を真剣に取り組んでくれました。

子供にちかい大学生が、いろいろと発想して下されば、きっと楽しいあそび場を期待できそうです。学生たちのアイデアが実現すれば、それは大学の学習としてすばらしいように思います。

次の機会には、必ずゆくようにしますので・・・。


  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 過去の投稿