館長室

海洋堂シマントミュージアムビレッジ

宮脇修館長プロフィール

館長プロフィール

1928年、高知県大方町(現黒潮町)に生まれる。
15歳で南満州鉄道に入社し、中国で敗戦を迎える。
18歳で日本へ引き揚げてきてからは、マグロ漁船の乗組員、土佐の一本釣り漁師、広告会社勤務など、三十数種の職を転々とする。
長男の小学校入学を機に定職を求めて就職活動をするが、どこにも採用されず断念。
1964年、大阪府守口市に一坪半の模型店「海洋堂」を開業する。斬新なアイデアと行動力を武器に、帆船ブームやガレージキットブームを日本に引き起こし、模型メーカーとなる。
1999年、海洋堂の企画・製作による「日本の動物コレクション」をおまけとして入れたフルタ製菓の「チョコエッグ」が爆発的にヒット。海洋堂ならびにフィギュアを作る「原型師」の存在が、広く知れ渡ることになった。

海洋堂の沿革

筆者・海洋堂関連
1964(昭39) 大阪府守口市の京阪電鉄土居駅近くに、模型店「海洋堂」をオープン 初期外観初期外観2
1965(昭40) 店内にレーシングサーキットを設置
1966(昭41) 守□市の土居公民館で「これがプラモケイだ展と作品コンクール」を開催PR紙『海洋』創刊号を刊行 03_プラモケイだ展03_プラモケイだ展303_プラモケイだ展2
1967(昭42) 製作アトリエ「帆船工房」を守ロ市内に開設。帆船の完成品販売を開始  04_帆船工房
1968(昭43) 枚方公園前の沿道に出店。香具師とともに商いをする 05_枚方公園出展
1970(昭45) アメリカのプラモデルメーカー、レベル社の創業者社長が来日。
海洋堂オリジナル工具の開発を開始
レベル社長来日
1972(昭47) PR誌『ホビーへの誘い』を刊行
オリジナル工具の商品名と「アートプラ」「ARTPLA」を商標登録
オリジナル工具
1973(昭48) PR誌『商いの手帖』を刊行
1974(昭49) 体調を崩し、一年半の休養を余儀なくされる。その間、創成期スタッフのほとんどが海洋堂を去る
1976(昭51) オリジナル工具セールスのため、日本一周キャラバンを敢行
大阪府門真市のボウリング場跡にレーシングサーキットを開設
全国キャラバン10_全国キャラバン10_レーシングサーキット
1977(昭52) 門真市にホビー館を開設。館内に戦車用ジオラマコースを設置
ホビー館内にレーシングサーキットを設置
11_戦車ジオラマ11_戦車ジオラマ2
1978(昭53) 営業のすべてをホビー館に一本化
1979(昭54) ホビー館内に作品展示ギャラリーを設置
経営危機を脱するため、プラモデルを景品にした古新聞の回収を思い立つが、思うようには利益が上がらず断念
1980(昭55) ホビー館内にゲーム機を設置。これが当たって経営危機を脱する
ホビー館内に帆船サロンを設置
1981(昭56) レジン樹脂およびバキュームフォームによるオリジナルプラモデル(ガレージキット)の製造を開始
ホビー館内に造型室を設置
 15_バキュームフォーム15_初期作品
1982(昭57) PR誌『造型狂』を刊行
バキュームフォーム製の海底軍艦で初めて版権を取得
16_海底軍艦造型狂16_造型狂
1983(昭58) 東京・神田の三省堂書店本店で「アートプラ展」開催長男修一、『宇宙船』主催のアメリカSFツアー参加(初渡米)
『ARTPLA』創刊号と第二号を刊行
 17_創世記メンバー17_創世記メンバー2
1984(昭59) 東京・茅場町に「海洋堂ギャラリー」をオープン
プラモデルの販売をやめ、ガレージキットの製造・販売へと移行する(模型店からメーカーへ)
1985(昭60) 株式会社に改組。修一、専務取締役に就任
ホビー館内に恐竜ジオラマゾーンを設置
五十二歳にして初めて渡米。ユニバーサルスタジオなどを訪問
アメリカの恐竜学者らが海洋堂に来社。映画「グレムリン」のSFX担当者クリス・ウェイラスと出会う
1986(昭61) 『ARTPLA』の第三号を刊行
実物大「大魔神」を大映から引き取る大阪の心斎橋プランタンで「アートプラ展」を開催東京のギャラリーを茅場町から渋谷へ移転(渋谷第一ギャラリー)
渋谷第ニギャラリーをオープン
20_大魔神
1988(昭63) ニューヨーク自然史博物館へ海洋堂製作の恐竜シリーズを持ち込み、高く評価される
1989(昭64/平元) 大阪ホビー館の店舗が新装オープン
1990(平2) 東京の池袋サンシャインシティで恐竜展「ダイノランド」を開催
渋谷の二つのホビーロビー(ギャラリー改め)を統合幕張メッセで開催された「日立ディノベンチャー’90」に出店
大阪の海遊館オープンに合わせて「アクアランドシリーズ」を開発。同館で販売
23_アクアランド
1992(平4) 「ワンダーフェスティバル」を主催していたゼネラルプロダクツが解散。同フエスティバル開催権を引き継ぐ ワンフェス24_ワンフェス2
1993(平5) 大阪・梅田で開催された「ディノアライブ」をプロデュース 25_ディノアライブ
1994(平6) クリス・ウエイラスから恐竜ヘッドが贈られる「ワンダーフェスティバル94夏」で「アートプラ大賞コンテスト」を開催 26_恐竜ヘッド
1995(平7) フィギュア作品写真集『コンプリート・ボーメ』を刊行 BOME
1996(平8) フルタ製菓「ポケットモンスター」のおまけの原型を製作。食玩との関わりが始まる
1997(平9) 渋谷ホビーロビーを秋葉原に移転。「海洋堂ホビーロビー東京」と改称
大阪の心斎橋パルコ2に「海洋堂ホビーロビー大阪」をオープン。門真市の店舗業務を終了する
1998(平10) アメリカのニューヨークアートギャラリーで、ボーメフィギュア個展を開催
「ジーベックトイズ」ブランドでアクションフィギュアの製造を開始
ホビーロビー東京を秋葉原駅前のラジオ会館に移転中国での開発・生産が始まる
アクションフィギュア30_アクションフィギュア
1999(平11) 海洋堂の企画・製作による「日本の動物コレクション」がおまけに入ったチョコエッグ、フルタ製菓より発売開始 31_チョコエッグ
2000(平12) 「K&M」ブランドでカプセルトイの製造を開始
2001(平13) ボーメ作フィギュア、パリのカルティエ美術館で開催された「日本現代アート展」に出品
フルタ製菓で内紛門真市内の新社屋に本社機能を移転
海洋堂製作の一連のおまけがグッドデザイン賞を受賞
BOME
2002(平14) 「ワンダーフェスティバル’02冬」で、フルタ製菓との決別書「さらばチョコエッグ」を配布
タカラ/ドリームズ・カム・トゥルーと提携。「日本の動物コレクション」などをおまけとする「チョコQ」が夕力ラより発売される
 34_チョコQ
2003(平15) 現社屋の横に新社屋建設用地を確保(新社屋は同年10月に完成予定) 35_新社屋
2005(平17) 宮脇修一が代表取締役社長に就任
初のフィギュアミュージアム、海洋堂フィギュアミュージアム黒壁が滋賀県長浜市にオープン
外観3
2011(平23) 海洋堂ホビー館四万十が高知県四万十町にオープン  海洋堂ホビー館四万十
2012(平24) 海洋堂かっぱ館オープン  海洋堂かっぱ館
2014(平26) かっぱ館2号館オープン